面接に遅刻したときの対処法 遅刻5分程度なら不利にはならない?

電車の遅延、寝坊、道に迷った時など、面接に遅刻してしまうこともありえます。

そんなときの対処法を紹介していきます。

遅刻が確定したら早めに電話を入れる

遅刻することが確定したら、早めに電話をしましょう。電話を一本入れることで、社会人としてのマナーを示すことができます。

遅刻の理由は「電車の遅延」か「道に迷った」が無難です。

5分程度の遅刻なら不利にならないことも多い

事前に電話連絡をしておけば、5分程度の遅刻なら許されるケースも多いです。

個人的にも、5分の遅刻をしたにもかかわらず内定を貰った経験はありますし、面接官の立場で遅刻した応募者を通過させたこともあります。

5分程度であれば、選考で大きく不利になるケースは少ないはずです。

面接の場で遅刻したことを謝罪する

面接が始まる前に、遅刻したことを誠意を込めて謝罪しましょう。このときの面接官の表情や言動から、許されたかどうかがおおむね判別できるはずです。

また、謝罪の仕方次第では、面接官から好印象を持たれ、評価されることもあるので気を抜かずに謝罪しましょう。

役員面接では遅刻厳禁

人事担当者や現場社員が面接官である一次面接では、5分くらいなら許されることが多いです。

しかし、役員が面接官なら遅刻厳禁です。

役員にまで出世してきた人は時間に厳しい人が多いので、遅刻への印象は最悪です。

また、一次面接や筆記試験で一度会社を訪れているだけに、最終選考では「道に迷った」という理由も使いにくいものです。

とにかく役員面接では、5分前には到着できるように準備しましょう。

10分以上の遅刻だと不利になる

何らかの不運が重なれば、5分6分くらいの遅刻は皆が一度はやってしまうことです。

ただし、電車の遅延などのやむをえない事情を除いて、10分以上の遅刻は選考で不利になると考えても良いと思います。

10分15分も遅刻してしまうと、他の応募者の選考にも影響が出始めるので、いくら一次選考レベルの面接であっても印象を悪化させてしまいます。

関連記事



■スポンサーリンク
■スポンサーリンク