理化学研究所の平均年収はいくらか?【役職別の平均年収】

日本を代表する研究機関の一つである理化学研究所。世界の研究をリードし、人類に多大な貢献を果たしてきた国立研究開発法人の一つです。

今回は理化学研究所の研究員及び事務職員の年収を紹介していきます。

■スポンサーリンク

理化学研究所の平均年収

理化学研究所の事務系職員・研究員の平均年収は以下の通りです。事務系職員については、平均年齢43.8歳で平均年収が876.4万円となっていて、国家公務員の水準よりも高めに設定されています。

事務系職員

平均年齢 43.8

平均年収 876.4万円

■研究員

平均年齢 51.0

平均年収 1064.5万円

※数値は平成28年度のもの

理化学研究所の役職別平均年収

理化学研究所の役職別平均年収は以下の図の通りです。事務系職員は係員~部長までの平均年収が公開されており、研究員は部長相当までの平均年収が公表されています。

■事務系職員

役職 平均年齢 平均年収 最高・最低年収
部長 55.8歳 1231.3万円 1467万円 ~ 1118万円
次長 54.8歳 1109.2万円 1231万円 ~ 983万円
課長 50.2歳 1041.3万円 1186万円 ~ 721万円
課長代理 45.6歳 837.4万円 1093万円 ~ 634万円
係長 41.7歳 640.2万円 903万円 ~ 521万円
係員 40.4歳 528.6万円 709万円 ~ 378万円

■研究員

役職 平均年齢 平均年収 最高・最低年収
研究部長相当 54.2歳 1234.5万円 1318万円 ~ 1119万円
研究次長相当 50.4歳 1110.5万円 1235万円 ~ 920万円
研究課長相当 52.0歳 1113.4万円 1201万円 ~ 987万円
研究課長代理相当 48.9歳 1016.1万円 1195万円 ~ 851万円
研究員 39.1歳 807.1万円 926万円 ~ 651万円

事務系職員の給与モデル

理化学研究所で働く事務職員の平均年収は、22歳大卒で350万円、35歳課長補佐で720万円、45歳の課長で1,000万円ほどです。公務員と比較すると理化学研究所の水準はやや高めです。

■22歳(大卒初任給、独身)        年間給与 3,562,000円

■35歳(本部課長補佐、配偶者・子1人)  年間給与 7,241,000円

■45歳(本部課長、配偶者・子2人)    年間給与 10,219,000円

理化学研究所の役員の報酬

役職 報酬
理事長 2114万円
A理事 1716万円
B理事 1576万円
A監事 1372万円
関連記事



■スポンサーリンク