仕事を辞めることは悪いことではない。胸を張って退職しよう。

日本では、年間400万人前後が退職していると言われています。それほど、多くの労働者が「退職」という選択肢を選んでいます。

非常にありふれたことであって、「退職」は悪いことではありません。

退職は労働者の権利である

憲法上では「職業選択の自由」「奴隷的拘束の禁止」があり、民法の規定においても「雇用契約の解約の自由」を保障しています。

このように、「退職」する権利は法律で保障されています。

退職の意思を会社に伝えると罪悪感と劣等感に押しつぶされそうになりますが、一切悪いことではないので落ち込む必要はありません。

自分の健康を何よりも優先するべき

仕事で無理をすると、精神的にも身体的にもトラブルを引き起こします。無理をして身体や精神を壊すと、今後の人生を棒に振る可能性があります。

そのようなことにならないように、自分が無理だと感じたのなら「退職」を選ぶべきです。

大切な身体を守る為にも、退職は最善の選択だと思います。

社員が退職するリスクは会社側も重々承知である

自分が退職することで、

 ・会社が回らなくなるのでは?

 ・責任を投げ出すことになる

 ・同僚や上司にお世話になったのに申し訳ない。

などと、様々な感情が沸くことになります。

しかし、会社側も社員が一生在籍してくれるとは思っていません。社員が退職するリスクは必ず会社側も想定しています。

心苦しく思う必要はありません。

退職することで新しい人生を切り開くことができる

退職して環境を変えると、

・新しい出会いがある

・天職に出会えるかもしれない

など、退職して新しい職場で働くようになると、仕事や人間と良い出会いがあるかもしれない。それによって、人生が好転する可能性があります。

 まとめ

仕事を辞める決断は「勇気」が必要ですし、「罪悪感」や「不安」も感じるはずです。

しかし、退職は毎年400万人もの人が行う非常にありふれた事で、労働者の正当な権利に基づくものです。

罪悪感を感じる必要はないので、堂々と退職届を提出しましょう。

最近では退職代行が広まっていて30代や40代での利用も増えています。

即日退職代行会社で一番有名なのは、退職代行EXITです。NHK等でも報道されたこともあり、おすすめできます。

弁護士事務所を利用して退職したい場合は、
汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービスが有名です。

一般の退職代行会社と同じですが、弁護士が在籍していることから残業代の未払いや有休に残日数、退職金などで交渉が必要なケースは弁護士を利用した方がスムーズかもしれません。

関連記事



■スポンサーリンク
■スポンサーリンク