会社を辞める言い訳 円満に退職する為の退職理由とは?

円満に退職するには、建前の理由を考えておくことが大切です。

以下に良くある退職理由を紹介していきます。

体調不良を理由に退職する

ブラック企業や退職を引き止められそうなケースでは、体調不良を理由に退職する人が多いです。

この理由だと会社側は慰留しにくく、半ば強引に退職手続きを進めることができます。

体調不良を理由に退職する場合に気をつけるべきこと。診断書の提出は求められるか。
退職したくても会社が認めてくれない。 そんな時、体調不良を理由に会社を強引に辞めたいと思っている人もいるのではないでしょうか。...

親の介護を理由に退職する

親の介護が理由であれば、会社側も引き留めようがないので半ば強引に会社を辞めることができます。

退職を認めてもらえそうにないなら、こういった引きとめにくい退職理由が有効です。

 独立、転職を理由にする

転職や独立などの、キャリアアップを転職理由にしても良いかもしれません。

例えば、

・やりたい職種の仕事がある

・資格を活かして独立したい

・もっとレベルの高い仕事に挑戦したい

などの理由が挙げられます。

これらの理由は、前向きな退職理由になるので、悪印象を持たれることは少ないはずです。

 田舎に帰る

「田舎に帰って、家業を継ぐ」などを退職理由にしても良いと思います。

ただし、退職後に会社の人間と偶然会ったり、何かの縁で顔合わせる機会があるかもしれません。その際は、嘘がバレてしまうので、遠方に引っ越す場合以外は使わない方が良い理由かもしれません。

同業他社に転職する場合は退職理由に気をつける

同業他社に転職する場合は退職理由に気をつけましょう。

人事担当者同士で横のつながりがあるので、退職理由が転職先に伝わってしまう可能性があります。

なるべく前向きな退職理由にしておくことがお勧めです。

関連記事



■スポンサーリンク
■スポンサーリンク