財務官僚の昇進モデル 財務省キャリアの出世スピードはどんなもの?

国家公務員総合職試験に合格した者の中で、最優秀成績者が集まるのが財務省です。

エリートという言葉が似合う財務官僚ですが、彼らの一般的な出世モデルについて紹介してきます。

4~5年目      本省係長

入省4年~5年目、おおむね20代半ばから20代後半で財務省の係長に昇任します。年収は460万円ほど。

一般的には法案の起案、付属資料の作成などに従事します。また、直属の上司の秘書官的な役割を演じることもあったり、次のポストに出世するための見習い期間でもあります。

なお、以前のキャリアシステムでは、入省6年目くらいの若手官僚を一斉に税務署長にしていましたが、現在では廃止されています。

10~11年目    本省課長補佐

入省10~11年目、30代前半で本省課長補佐に昇任するのが平均的。年収は740万円。

法案作成、政策の提案や企画、情報収集などを行う。課長への見習い期間でもあり、この期間の成績は今後の出世を左右するとも言われている。

課長補佐級ポストの中で、最も出世コースと言われるのは主計局主査(課長補佐級)のポスト。他省庁の会計課長と対等に話しができるポストで、一般の課長補佐とは別格のポストです。

17~18年目    本省課長

入省17~18年目、多くは40歳くらいで財務省の課長へ昇進します。年収は1,200万円前後。

ここまでくれば若手~中堅時代の過酷な労働環境がひと段落する。

課で収集した情報が一手に課長のもとに集まるため、課内で処理すべきもの、上に報告するものを選別し処理する力が必要になる。また、他省庁や上司との調整、折衝なども大切な役割となります。

過去の資料を見ると、同期のうち65%前後は本省課長級に出世できている様子。

国税専門官の出世パターン どのポストまで昇進できるのか?
財務省の懐刀として知られる国税庁。 その国税庁の主力として、最前線で活動するのが国税専門官です。高度な専門知識を駆使し、スペシ...

20~21年目   本省筆頭課長

20~21年目くらいで本省の筆頭課長へ。

財務官僚のエリートコース

財務省の出世コースと言えば主計局主税局です。

中でも主計局は全省庁の予算編成権を握っていて、財務省の力の象徴でもある部署です。

この主計局はポストの名称が独特で、課長級の主計官、課長補佐級の主査などがあります。

主査→主計官→主計局次長→主計局長→事務次官というコースはまさにエリートコースと言えます。

24~25年目   地方財務局長

入省24~25年目あたりで、財務省の出先機関である財務局の局長に出世します。ここまでは、同期の60%弱が昇進できます。

26~27年目   審議官

入省26~27年目頃、財務省の審議官や次長級のポストへ出世します。年収は1,500万円ほど。

同期のうち55%ほどはここまで残ることができます。

28~29年目   本省局長

入省28~29年目あたりで本省の局長へ出世することができます。年収は1,700万~1,800万円前後。

同期のうち30%ほどしか局長になることができないので、ここまで出世できればかなり出世した方だと言えます。

財務省 局長ポストの特徴

官房長 …出世コース。その後、主計局長を経て事務次官へ。

主計局長…出世コース。財務省の顔とも言えるポスト。その後、ほぼ事務次官へ昇進する。

主税局長…出世コース。その後、国税庁長官へ昇進する。稀に事務次官へ昇進する。

国際局長…国際畑のコース。その後、財務官へ昇進することが多い。退官後には国際機関の幹部に就任することもある。

理財局長…局長ポストの中では中堅クラス。人によってはここで退官するか、さらに伸びることもある。

関税局長…局長ポストの中では下位クラス。総務課長→税関長→関税局長で退官というパターンが多い。

32年目     事務次官、財務官、国税庁長官

財務官僚の最高ポストは、事務次官、財務官、国税庁長官の三つのポスト。年収は約2,300万円。

同期のうち、大多数はこのポストまで辿り着けずに退職することになります。

■スポンサーリンク

財務官僚になるには

財務官僚になるには、国家公務員総合職試験に合格後、官庁訪問を通じて財務省本省から内定をもらう必要があります。

警察庁・外務省・経産省等と同様、総合職試験に上位で合格すると財務省から採用される可能性が高まります。

試験対策をスタートするなら、公務員試験対策で必須のスーパー過去問ゼミから手を付けていきましょう。

特に数的推理については、どの公務員試験で出題され、早めに手を付ければ他の受験生と差が広がる科目なので早めに勉強を開始するのがオススメ。

新スーパー過去問ゼミ5 数的推理 (『新スーパー過去問ゼミ5』シリーズ) [ 資格試験研究会 ]

created by Rinker

○関連記事

国家公務員一般職はどこまで出世できるか?
国家公務員一般職(大卒程度)、中堅幹部候補として現場の管理者になることが期待されている職員です。 さて、国家公務員一般職の志望者の中で...
国家総合職の合格者の学歴はどれくらいか? 各省庁の採用実績
各府省で公表されている資料を参考に、国家公務員一種試験に合格し各省庁にされた方の出身大学を紹介します。 東大法学部が最も多い 国...
国家公務員一般職の合格者の学歴はどれくらいか?|各省庁の採用実績
かつて公表されていた資料を参考に、国家公務員Ⅱ種試験(行政)合格者の出身大学を紹介します。 中央大学法学部卒が最も多い 国家Ⅱ種...
関連記事



■スポンサーリンク