国家総合職の昇進のモデルケース。係長、課長補佐、課長になるまで何年かかる?

国家公務員総合職は、高級官僚となることが期待されている採用区分です。

国家公務員総合職の昇進のモデルケースを紹介していきます。

■スポンサーリンク

昇進のモデルケース

国家総合職で採用された職員は、課長補佐~課長級(省庁により異なる)まで横並びに昇進し、それ以降の昇進については、「本人の勤務成績」「省庁」によって昇進モデルは変わります。

一般的に公表されている昇進モデルは以下のようになります。

【4年目】  本省庁の係長

入省3年~4年目で、本府省の係長に昇進するのが一般的です。

年収はおよそ500万円程度。

政策の実施、許認可権の行使といった実務を担います。

キャリア組の係長は、このポストの段階で政策・予算・法案の立案に従事することも多い。

【7年~11年目】 本省庁の課長補佐

採用後7年~11年目で課長補佐に昇進するのが一般的。

年収はおよそ800万円前後。

大臣が国会答弁で使う原稿を作成したり、政策の立案、法案・予算案の作成に従事することになります。

【17年目】  企画官や室長

採用後17年目前後で企画官級に昇進するのが一般的と言われています。

年収は900万円~1,000万円前後。

このくらいから昇進スピードに差が出始めます。以前まで課長級まで横並びで昇進するのが一般的でした。しかし、近年では企画官級で昇進が止まり、外部の団体へ出向するケースが増えています。

【22年~23年目】 本省庁の課長・参事官

入省22年~23年目前後 本省の課長級に昇進する

年収はおよそ1,300万円前後。担当する業界に絶大な影響力を持つポストです。

課長級への昇進後、10年ほどは課長級のポストを転々と異動することになります。また、このポストから「高級官僚」「幹部職員」と言われるようになる。

ちなみに.

以前まで「18年目 40歳で課長」が昇進の目安になっていましたが、ここ最近の動向では本省課長級への昇進に22年~23年はかかるとされています。

ちなみに、戦前では、文官高等試験に合格した者は10年そこそこで本省課長級に昇進することができたようです。

【29年~30年目】 審議官

29年~30年目で昇進。年収は、1,500万円~1,800万円。

この役職以上から「指定職」に分類されるため給与がグッと上がります。また、審議官室、秘書、専用車が与えられるとのことです。

省内の調整、政治家との交渉が多いため交渉力やリーダーシップが求められる。

審議官級に昇進後、さらに出世競争に勝ち抜いた一握りが局長、事務次官へと昇進していく。

キャリア組に求められる資質

ノンキャリア出身の職員が「政策の実施や許認可を行う実働隊」であるのに対し、キャリア組の職員は、政策の立案・法案の作成にかかわることが多くなります。

政治家と交渉する機会や高級官僚として部下を導く機会も多い。その為、キャリア組の職員には「交渉力」や「リーダーシップ」が求められます。

また、政府の代弁者として、又は政府そのものとして発言する機会も多いので、「責任感」も必要と言えそうです。

関連記事



■スポンサーリンク