昔にあった嫌な事、忘れたい記憶を消し去る効果的な方法

過去の嫌な記憶をふっとしたときに思い出すことがありますよね。

そんな嫌な記憶を思い出さないようにするコツを紹介していきます。

記憶はドンドン上書きしていこう

一人でじっとしていると、嫌な出来事を思い出しやすいものです。

嫌な出来事を風化させるには、新しい記憶をどんどん増やすのが効果的。何かに熱中したり、新しい人間関係を築いていけば、過去の記憶は次第に薄れます。

精神的に弱っていると嫌な記憶を思い出しやすい

精神的に弱っていると過去の嫌な事がフラッシュバックしやすいと言われています。

例えば、
○お酒を毎日飲んでいる
○喫煙の習慣がある
○ストレス過多
○睡眠不足
○運動不足
○食事の偏り
○生活リズムの乱れ

このような習慣があると精神的に不安定になりがちです。生活習慣を守ることは全ての基本。まずは、精神的な強化に努めることが大切です。

嫌なことが頭に思い浮かんだら消す努力が必要

嫌なことを思い出したら消す努力が必要です。何度も何度も思い返していては、次第に長期記憶として脳内に刻印されてしまいます。

嫌な記憶がフっと頭に思い浮かんだ時に、

○頭の中でお経を唱えてみる
○好きな人の名前を繰り返し唱えてみる
○歌を歌ってみる

といった方法などで頭から消し去ることができます。声に出してみるとより効果を実感できるはずです。

お酒はオススメしない

アルコールは嫌な事を忘れることができます。しかし、翌日にはさらにマイナス思考になりがちです。お酒の力を借りることは、考えることを先延ばしにしているだけなので、お酒は控えるべきです。

運動習慣でプラス思考に変える

個人的な体験で言えば、有酸素運動をした翌日はとても気分が良いものです。有酸素運動によって脳の血行も良くなると言われています。脳の血行が良くなることで、判断力や理解力が高まり、ストレスの解消にもつながります。

また、プラス思考にもなり、過去の思い出がフラッシュバックしにくくなりますので、ぜひ運動習慣は取り入れましょう。

皆があなたと同じように嫌な記憶を抱えている

社会の中で生きていると、傷ついたり恥をかくものです。そして、例外なく誰しもが嫌な記憶を抱えています。

多くの人はその忙しさのおかげで思い出さずに済んでいるだけです。

恥ずかしいこと、嫌な思い出を抱えることは真っ当に生きている証拠です。皆同じように嫌な記憶を抱えているので、あまり過去のことを気にしすぎないようにしましょう。

関連記事



■スポンサーリンク
■スポンサーリンク