ニートが社会復帰する方法 衰えた表情筋や声帯、脳のリハビリ

ニートの期間が長くなると身体機能も衰えてきます。

しかも、身体のあらゆる面が衰えたことに自分では中々気づけません。

ここでは、ニートになることで衰える点を紹介し、その改善策を紹介してきます。

■スポンサーリンク

声帯が衰える

話す機会が少なくなると声帯は衰えます。

社会復帰をする上でも、「声の小ささ」はネックです。

声が小さいと、積極性がなくなったり、電話対応もうまくできなくなり、同僚や上司から暗い印象を持たれてしまいます。

さらに面接の場においても、声のボリュームが小さいと、面接官に弱々しい印象を与えるので、社会復帰を遠ざける原因にもなりえます。

改善策として、

・ボイストレーニング

・息が上がる程度のランニング

があります。意外ですが、ランニングによっても声量が大きくなります。

ランニングはメンタル面にも良く、脚力のトレーニング、肺活量の改善、血流改善などバランスよく身体機能をリハビリできるので、積極的に取り入れましょう。

一人暮らしのニートは 表情筋が衰える

表情筋も筋肉なので使わなければ衰えます。

面接官はプロなので、第一印象から多くの情報を読み取ります。

当然、社会経験の厚さも見抜かれてしまい、どんなに素晴らしいことを話しても第一印象でニートらしい雰囲気であれば簡単に落とされてしまいます。

また、表情筋が衰えると笑顔を作ることが苦手になるので、コミュニケーション能力も大きく下がりますし、ボーっとした見た目となり、「やる気がない」と言われることも多くなります。

さらに、笑顔が作れないことで社内での人間関係の構築に苦労し、社会復帰してもすぐに離職を繰り返してしまう原因にもなります。

改善策として、

・笑顔トレーニング

・日中外に出て活動する機会を増やす

・常に何らかの表情を作ること

を意識していきましょう。

特に、「笑顔トレーニング」は劇的に見た目が変わり、コミュニケーション力も飛躍的に伸びます。周りの態度もガラリと変わることになるので、積極的にやるべきです。

脳は使わなければ衰えていく

脳は使わなければ明らかに衰えていきます。

特に一人暮らしだったり、家族との会話がない人は顕著に脳が衰えます。まるで脳に芯が通っていない感覚になります。

これにより、

・事務処理能力が遅い

・ミスや物忘れ

にもつながるので、せっかく社会復帰ができても、上司から能力不足とみなされてしまうかもしれません。

改善策として、積極的に人と会話をしたり、勉強をすることが有効です。

特に、暗記し、暗唱を繰り返すタイプの勉強は会話の能力や、脳を鍛えるには抜群の効果があります。

安静にしている期間が長いと 筋肉が衰える

筋肉には、体を動かし、体温を調整する役割があります。それだけではなく、全身に血液を送るためのポンプの役割も担っています。

そのため、筋力低下は血流の悪化を招き、血流悪化が内臓や脳の働きを衰えさせることにつながります。

社会復帰のため、筋肉トレーニングや有酸素運動を組み合わせて、リハビリに努めましょう。

まとめ

以上のような原因により、ニートの期間が長いと、仕事をする能力が全体的に低下している可能性があります。

社会復帰ができても会社に馴染めず退職を繰り返してしまう原因の一つには、こういった理由が潜んでいると思います。

スムーズに社会復帰できるよう、リハビリを行っていきましょう。

利用すべきサイト

リクナビNEXTは転職活動のスタンダードな求人サイトです。

他のサイトよりも求人数が多くブランクがある人も歓迎している求人が結構あります。

また、志望動機や自己PRを書かなくても応募できる求人が多いので、とにかく沢山応募したい人にはリクナビNEXTは最適です。

これらの中から自分に最適な求人を探していきましょう。

また、社会復帰には、客観的に転職活動を導いてくれるアドバイザーも必要です。

中でも、既卒や第二新卒、派遣、ニート、フリーターの就職で評価の高いDYM就職がお勧めです。

DYM就職は、応募書類の添削や面接対策などのサポートを受けることができ、内定決定率も非常に高いです。

社会復帰に向けての就職活動は大変です。求人を探すだけでも、半日かかることがあります。履歴書の作成だって大変時間がかかります。

最初のうちは何度も選考に落ちることもあるでしょう。

しかし、何度もトライし、軌道修正を重ねくうちに素晴らしい結果を出すことができるようになります。諦めずにトライし続けましょう。

関連記事



■スポンサーリンク