土地家屋調査士の年収・給料

土地家屋調査士の年収はいくら?

土地家屋調査士事務所(法人)や測量会社に勤務すると、年収400万円~700万円が相場と言われています。

資格があっても独立しなければサラリーマンの収入とほとんど変わらないことから、土地家屋調査士の多くが独立を目指しています。

独立開業したら年収はどのくらいになるか?

独立開業後の収入はピンキリです。

成功すれば1000万円をゆうに超える年収を稼ぐこともできます。実際に、独立開業している土地家屋調査士へのアンケートでは、年収1000万円以上の層も多く、

仕事をふってくれる不動産会社や司法書士、税理士事務所とのパイプを結ぶことができ、経営を軌道に乗せることができれば年収1000万円、2000万円も夢ではありません。

ただし、高収入を実現している土地家屋調査士だけでなく、年収300万円~500万円の層も多数います。資格を取ったからと言って高収入が保障されるわけではないので注意が必要です。

高価な測量機器をどう揃えるかも大切

土地家屋調査士が使用する測量機器は非常に高価です。

全部を新品で揃えると高級車が買えるほどの費用が掛かってしまいます。その為、独立したばかりの土地家屋調査士はリース契約や中古などで安く使用できるよう工夫しています。

こういったコストがあるので、独立当初は生活が苦しくなることも多いです。安く設備を揃えられるように工夫しましょう。



土地家屋調査士は営業力が必要

黙っていては仕事の依頼は来ません。

仕事をもらうには、不動産会社や司法書士、税理士とのコネクションを築いて、仕事をまわしてもらえる関係を築く必要があります。

不動産会社や司法書士、税理士と良好な関係を築くことができれば、定期的に仕事をふってくれるようになり、売上が安定します。さらに、質の良い仕事を続けると紹介や口コミにより、別の顧客が現れるようになります。

このように、土地家屋調査士は営業力や仕事の質が重要な職業です。自分の実力を活かして高収入を得たい人に適した仕事であると言えます。

土地家屋調査士になるには

関連記事



■スポンサーリンク
■スポンサーリンク