仕事のミスが多い人は生活習慣を見直すことで改善する

仕事をしているとどうしてもミスをしてしまうことがあります。

仕事によってはミスが致命的な失敗につながったりり、ミスの連続は職場の人間関係や居心地にも影響を与えます。

しかし、意識改革だけではミスはそう簡単には改善しないものです。ここでは、ミスを減らすための生活習慣を紹介していきます。

集中力・記憶力は食事によって復活する

仕事のミスは集中力や記憶力の欠如によるものです。

近年は、コンビニやインスタント食品がまん延し、潜在的に多くの栄養欠乏者がいると言われています。

もし集中力や記憶力に衰えを感じたり、風邪を引きやすくなっているなら栄養を十分に摂取できていない可能性があると思います。

代表例としてビタミンB群は、不足することで記憶力の減退や集中力の欠如が起こりえます。仕事でミスを引き起こす原因ともなる栄養素の一つと言えます。食生活を見直すことで仕事のミスが減る可能性が十分にあります。

睡眠不足は仕事でミスを誘発する。十分すぎるほど寝よう!

仕事でミスをしてしまう原因の一つに睡眠不足があります。誰しも経験があることですが、睡眠不足が続くと明らかに頭の回転が衰えます。特に事務作業においては日中の眠気は大敵で、ウトウトしながら事務作業をするとミスも当然に起こりえます。

このように、睡眠不足によって仕事のパフォーマンスは大きく下がってしまうので、熟睡できる環境たっぷりと睡眠時間を確保することが大切です。

また、人によって睡眠時間の必要量は大きく変わります。世間の平均睡眠時間は気にせず、自分に必要な睡眠時間をとることが大事。何時間眠ればスッキリ起きれるのかを知るために、睡眠記録をつけるところから始めると良いと思います。

運動不足は脳の働きにも強く影響を与える

運動は、生活習慣病の予防やアンチエイジングなどに効果があることが分かっています。しかし、それだけでなく、運動によってアセチルコリンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の分泌が活性化し、これによって記憶力集中力が向上すると言われています。

ミスが多い人には、運動不足だったり、趣味がなく無気力に生活している人が多いようです。スポーツをする習慣を身に着け、ミスを減らしていきましょう。

ミスをする要因を減らそう。お酒やタバコ

最近の研究では、お酒を習慣がある人は海馬が萎縮する可能性が2~3倍高まるという結果が出ているようです。これによって、どこまで仕事に影響が出るかは分かりませんが、何事もやりすぎは良くありません。

また、別の視点から言えば、お酒とタバコは睡眠の質を悪化させます。睡眠の質が悪化すると、睡眠不足による仕事のミスを誘発することになります。二日酔いにもなる可能性があるので、なるべく控えましょう。

関連記事



■スポンサーリンク
■スポンサーリンク